【染井為人】『正体』

 染井為人さんの『正体』読了。


亀梨和也さん主演でドラマ化されるようですが、小説のほうの設定では20歳前後なので、ミスキャストの匂いをぷんぷん感じます。

ドラマはどんな設定ですすめるつもりなんでしょう?




無実の罪で死刑囚に

主人公の鏑木慶一は、未成年で死刑囚になってしまうという設定です。

困っている人を放って置けない人柄が、通りかかかっただけの事件現場で犯人と間違われることに。

そして、困ったことに、事件の一部始終を見ていたはずの被害者の母親は、若年性アルツハイマーで、自分の記憶に自信がない、というのです。

しかし、鏑木慶一は、自らの無実を証明するために脱獄し、被害者の母をさがす旅をつづけます。

物語としては、いわゆる逃亡系なのですが、一般的に逃亡系はハッピーエンドで終わる傾向がありますが、『正体』のラストは悲劇です。




ミステリアスでイケメン

鈴木慶一は、頭脳明晰でイケメンという設定です。

しかし、脱獄囚であり、社会経験がないことから、ミステリアスな言動で周囲の人びとを魅了していきます。

年齢的に亀梨和也さんではないよね。

身長も180センチオーバーという設定なので、20代で180センチ以上の俳優さんでドラマ化してほしいです。

正体』で描かれる鏑木慶一は、人懐こいところがある、魅力的な人物なので、希望としては小関裕太さんでしょうか。

性格的には明るい系なので、どっぷり暗めではないかと。

30代ですが、古川雄輝さんも似合ってるような気がします。




警察に嫌悪感を持ってしまうようなラスト

鏑木慶一は、警察のメンツのために追いかけられ、最後は警察に殺されてしまいます。

ハッピーエンドではありませんが、鏑木慶一を信じる人たちが、彼の死後、無罪を勝ち取る場面で終わります。

あとがきを読むと、死んでもらう必要があった、と著者が書いています。

わたしも、ハッピーエンドよりもこのバッドエンドのほうが、作品が記憶に残るのではないかと思います。

一気に読めます。おすすめです。


<関連の投稿>

【凪良ゆう】『流浪の月』

コメント