【白川紺子】『後宮の烏 6』

後宮の烏 6』読了。


シリーズ6作目、ついに烏妃の寿雪の正体が知られてしまいます。

ファンタジー作品なので、いろいろと都合がよく進みますが、今回は、とくに都合よく進みすぎるのでは?と感じました。



物語はどこに向かうのか

後宮の烏』は、小野不由美さんの『十二国記』や上橋菜穂子さんの『精霊の守り人』、または、阿部智里さんの『八咫烏シリーズ』などを、同じような系譜のなかにある作品だと思います。


十二国記』『精霊の守り人』『八咫烏シリーズ』には、敵がいて戦いがあり、到達すべき結果を、読者もなんとなく共有してます。

ところが、『後宮の烏』は、読んでいる私が悪いのか、どこに向かっているのか、明確には示されていないように感じます。

はじめは、寿雪(烏妃)と高峻(皇帝)との禁じられた恋の物語なのか、と思って読んでいました。

皇帝の妃ではないのに、妃として扱われる黒い烏妃。

烏を身体に閉じこめる烏妃。

前王朝の遺児である烏妃。

などなど、皇帝との禁じられた恋の設定かと思って読んでいました。


呪いと開放

ところが、登場人物が出揃いはじめた3巻目あたりから、様相が変わってきます。

烏漣娘娘(うれんにゃんにゃん)から寿雪を開放しようとする高峻が動き、5巻目では、過去の烏妃たちが土砂とともに開放された場面で終わります。

「なになに、これって寿雪の呪いを解く物語だったの」

それらしいことは出てきてはいたけど、それは恋のハードルをあげるためのものじゃなかったのね。

6巻では、完全に呪いを開放する物語になっていて、高峻の命令で、多くの人々が寿雪のために働きます。

物語全体の設定にかかわる部分が、6巻で描かれている、ということかもしれません。


しかし、目指すべき敵は、魂のまま漂っている初代烏妃であり、その烏妃が閉じ込めた烏漣娘娘(うれんにゃんにゃん)は、鼇の神(白龜)と争っていて、1000年前に海底火山を噴火させてしまいます。

ファンタジーだから良いんですが、具体的な争いごとにならないのは、相手が人間ではないから、でしょう。


謎解き優先

そのためでしょうか、物語として、もっと葛藤する場面とか、こじれる場面がほとんどありません。

寿雪の心を取り戻すためには肉親が必要であるという条件も、高峻に使える衛青が、異母兄弟であることが明確に示されただけで、さほどの波風もなく、さっさと寿雪は戻ってきます。

全体的に、さらっと進んでいくので、謎解きでワクワクということもなく、デンジャラスな場面でドキドキもないままに、物語は進んでいくようです。

続巻も読むとは思いますが、ストーリーをただ追いかけるような印象です。


<関連の投稿>

【上橋 菜穂子】「精霊の守り人」「闇の守り人」

【阿部智里】「楽園の烏」

【小野不由美】「白銀の城(おか) 玄(くろ)の月」1~4巻

コメント